iPhoneを使い倒してみた

2009.05.19 Tuesday 00:30
0
    昨日、知り合いの子がウクレレを教えて欲しいと言ってきたので小一時間つきあった。

    元々ギターは30年以上弾いてるのだが、ウクレレは息子たちがやりたいと言うので買ってみたものの、結局モノにできずじまいになっていた。しょうがないのでたまに自分で弾いている。

    ギターとウクレレは似ているけどちょっと違う。1弦から4弦まで、ギターの五度上にチューニングし、4弦だけオクターブ高くする。(Low-Gというチューニングもある)

    従ってコードはフォームが同じだがコードネームの違うもの、ちょっと押さえ方が変わるものとあり、結局覚えなおすことになる。もちろんすぐに慣れるけれど、すぐに忘れる(笑)

    iPhoneの公式アプリで、「レレレの音叉ん」というふざけた名前のものがあるのだが、実際にはかなり使えて無料だったりする。各弦のチューナー(といってもギター風の音が鳴るだけ)とコードブックが収納されている。まあ音は悪いし、コードブックも見にくいのだが十分使えるので満足している。

     

    こんな具合でiPhoneは「何かに使えそうでもうちょっと」というアプリがいろいろあって楽しい。しかし中には自分で何とかしないといけない類のものがある。例えば電子ブックリーダーだ。

    PalmやClieあるいはWindowsMobileでは無料の電子ブックリーダーでテキストデータが読めた。単にテキストファイルを放り込むかコンバートするだけで本のように読むことができた。もちろん使い勝手のいいアプリは有料だったが、単純にテキストでよかった。

    iPhoneにも電子ブックリーダーがあり、一部無料の書籍データもダウンロードできる。例えば聖書だが、1955年発行の口語訳聖書であればすでに著作権が切れている。そのため「Bible」という英語版アプリでは日本語の口語訳聖書データが用意されているのだ。

    しかし、残念ながら私の教会では新共同訳を使っている。これは最新の訳なので著作権が生きており配布されていない。そこで以前はPC用に販売されている「Jばいぶる」というソフトに含まれているテキストデータを抽出して、Palm/Clie/WMにぶち込んでいた。『個人的利用の範囲』でやるしかないわけだ。

    肝心のiPhone用電子ブックリーダーとしては「Stanza」が有名だ。ところがこいつはテキストデータはそのままでは読めないため、何とかして専用形式に変換する必要がある。試行錯誤の結果、何とかStanza形式に変換できるようになった。

     

    大まかな手順としては、
    ・Jばいぶる(2008は不可、1st for winでないとダメ)のインストールフォルダにあるデータファイルをエディタで開き、先頭にあるバイナリを削除し、テキストとして保存
    ・nkf.exeなどを使って、文書名と章節番号を「マタ1:1」のように変換

    ここまではかなり昔にやってあったので正確な方法は覚えていない。Palm Vxあたりはメモリ容量も少なく検索が遅かったので文書ごとにファイルを分けていた。Clie TH55になってPook Plusという有料アプリが複数文書の全文検索に対応していたので、分かれたまま使っていた。

    昨年になってJばいぶる2008のアップデート購入したものをPCにインストールしてみたところ、本文データは暗号化されていた(といっても文字コードになってたぐらいなので変換できなくはないのだけれど)ので面倒になってやめた。以下はその後の手順を備忘録的に記録。

    ・新約聖書、旧約聖書それぞれを一つのファイルにする
    ・PC用の「Stanza Desktop」をインストール、適当なテキストデータを読み込ませてhtml形式で保存する
    ・保存したhtmlファイルを開き、聖書本文をコピペして各文節の前後にpタグをつける
    ※改行コードを置換できるテキストエディタを使うと楽
    ・本のタイトルをH1、文書名をH2タグで囲み、htmlファイルとして保存
    ※本当は各章番号もタグで囲むと目次として使える様子
    ・Stanzaで読み込ませ、書籍情報を修正(バグ?)し、epub形式で保存しておく
    ・iPhoneをUSBケーブルで接続し、共有ブック機能等を使ってダウンロードする

    この方法だと目次として各文書名が出てくるので、文書のアタマをまず開きひたすらページをめくるか、いきなり検索で章節番号へ飛ぶようにすればいい。例えば「ルカ1:」を検索するとルカによる福音書の1章1節へ飛ぶ、という具合だ。まあページ数を言われても困るけど...

    検索スピードは思ったより遅い。テキストだけだとせいぜい1、2メガバイトぐらいなんだが...まあ見やすいから良しって事で。ピンチでテキストサイズが変わるのは紙の聖書より便利だけど、メモを取る際にコピペできないのがつらいところ。この方法ではClieが一番使いやすかった。

    category:ハードウェア | by:jack023comments(0)trackbacks(0)

    デスクトップの液晶モニタを変えてみた

    2009.02.12 Thursday 23:42
    0
      まあタイトルの通り。今まで使っていたBenQの19インチモニタが古くなってきたのか、T903とT904と2台体制でやってきたのが左右で色が合わなくなったためワイドモニタ1台にまとめたという話。

      本来マルチモニタ環境って同じモデルでやるもんなんだろうけど、たまたま最初に買ったT904と同じモデルが手に入らなかったので、近いしいいか、とT903を買ったワケだけれど、正直言って安物でマルチはしんどい。

      まず、元々色味が合わない上に調整項目が少ない。本格的なキャリブレーションツールは高いし(最近は安くなったけどソフトの調整項目が少ない)対応しているとは思えない。そこへここしばらくでフルHD対応のモニタが安く出てきた。

      22インチとか24インチとか、4:3とかの画面では考えられなかったが、16:9のワイド画面なら24インチでも縦幅が一緒だから今までのスペースにぴったり収まるし、しかも安い。いい時代になったなあ...ということで結局同じBenQのE2400HDを買った。送料込みで3万ジャスト。

      幸いにしてドット欠けもないし、高輝度、高コントラストで今までの眠たい画面がウソのようだ。デジタル一眼(α900)で撮った写真をHDMIでつないで見たいと思っていたのだが、一段ときれいに見える。よしよし...



      パソコンはDVI接続だがDVDもちゃんと見られるし、何より16:9の1,920x1,080ドット画面では上下に黒帯が出ないので本来のサイズで全画面表示できる。もちろんシネマスコープサイズはその限りではないけれど、これで地デジのフルセグチューナーを買えばリビングのテレビを上回ったりする。

      そう、一番したかったのはテレビをきれいに、しかもひとりで見るということ。最近娘や妻がテレビのある部屋を使って勉強してたり、手話番組の録画を見てたりするのでテレビが見られないことが多くなった。しかたないので事務所兼・書斎兼・物置き部屋にこもってパソコン画面でワンセグ放送を見るのだが、こんな低解像度の画面で映画なんて見たってつまらないし。

      だが、使って一日め、なんか目が疲れる。そう、輝度が高すぎてまぶしいのだ。かなり落として35ぐらいにしてみたが、まだ明るい。これ以上落とすとバックライトが不安定でムラが出てくるので、考えた挙句にサングラスをかけることにした。

      さらにいつも通りに複数のウィンドウを開いて、だいたい6つから8つぐらいのアプリが常時稼働しているけれど、なんか狭い。見慣れた壁紙も一部足りない。あ、縦は1,024から1,080に広がったけど、横は1,280x2の2,560から1,920に減ったんだった。ドイツの現地時間とかユーロ、ドルなど通貨レートを常時監視するためのgoogleサイドバーは邪魔にならなくなってスッキリしたのだけれど、切り替えが面倒になった。



      久しぶりに3Dフリップとか使ってみたけど...うーん、何だかなあ。
      category:ハードウェア | by:jack023comments(0)trackbacks(0)

      レンズその後...

      2008.05.05 Monday 00:18
      0
        奈良公園行きは晴天に恵まれ、撮影も順調にいった。

        もちろん使い慣れていないので絞りの設定だとかプログラムでいくのかシーンモードで行くのか、それてもフルオートで行くのかの使い分けもまだまだだし、レンズの選択もこれでどうだか、という状態。

        撮り終わってみればなんと256枚、同じ構図で連写してしまったものとかもかなりあるのだが、整理したところで700MBのCDには収まらなかった。

        撮った写真をどうやってみんなに見せようか、欲しいと言われたらどうするのか、とか考え出したらだんだんめんどくさくなってしまった。とりあえずPicasaウェブアルバムにぶち込んでメールでアドレスを知らせておいた。


        年配の方も多いので、全体で集合写真を撮ったのは参加者一人一枚ずつサービスすることにした。家でプリントするので大した金額じゃないし、日ごろ世話になっている人たちだし...今日はそれを配ったのだが、すごく喜んでもらえたのはうれしかった。

        肝心の写真の出来は全体的に絞りを開けすぎ、露光オーバー気味のショットが大半だった。それでもなかなかアングルに味があっていいとかおほめの言葉もいただいたので、まあよしとしよう、撮影会一回目だし。(ってハイキングだっちゅうの)


        さて今回持って行ったレンズの選択だが、SONYの18-70mmは集合写真を狭いスペースで撮る必要があるときには便利だった。下がらなくても全体が入る。風景も縦方向に目いっぱい入れることでスケール感が出せる。

        ところが望遠側が70mmしかないので、もうちょっとあったら...というシーンが結構あった。ここでもう一本のミノルタ100-300mmズームにもたもた交換して、なんてやっていたらシャッターチャンスは逃すし、今度は広角側がちょっと足らない。

        ポートレート写真の合い間に風景も撮って、花に寄ってマクロで撮って、なんてやろうとするなら28-300mmマクロズームの方がいいのかも。今回間に合わなかったのだが、実はすでに2本手配していた、というか落札待ちだったというか...

        実は現在はこんな具合で、ジャンクレンズを落としまくった結果全部で12本になってしまった。ここまでくると盆栽の域であり、どこがいいのか分かる人にしか分からないと思う。



        実際のところ向かって右端一列は完全なジャンクでまだ整備していない。特にシグマのズームはAFが利かないので機構的な問題があるようだ。それ以外は左から4本めのタムロン28-300mmはズームリングとフォーカスリングが調子悪い。



        最初は右のやつをメインに使おうかと思ったのだが、後から完全ジャンクで届いた左のやつが直してみたら意外とレンズもきれいだし、よさげに見えてきた。

        元々落っことしたらしく後玉がはずれて前玉もスカイライトフィルタがつけてあったのがガラスは割れリングは曲がって、という状態だった。まだ鏡筒が歪んでいるらしくズームやピントリングの動きがスムーズではない。うまく直せればいいんだが。



        この左側のシグマ70-300mmも当初はAFがきかずマニュアル専用機としてテストしていたが、分解掃除したら直ってしまった。右の28-80mmマクロズームとセットで持ち歩くことになるかも。



        まあやってみるもんだ。さすがにここまではやりすぎだと思うが。
        category:ハードウェア | by:jack023comments(0)trackbacks(0)

        レンズの選択に悩んでみた

        2008.04.28 Monday 12:17
        0
          明日は知り合いのグループで奈良へハイキングに行くことになった。

          当然カメラは持って行く。で、さっそくどれを持って行こうかと悩むハメになった。まだ使い慣れていないので、というかそもそも何を撮ろうかなんて全く予定外のイベントなので考えていない。とりあえず18-70mmと70-300mm、それぞれマクロが利くので無難なところかなあと思う。


          なんだかんだで増殖中のレンズたち。左からタムロン70-300mm(分解練習用)、手前タムロン28-80mm、奥ミノルタ100-300mm、さらに奥シグマ70-300mm(AF不動)、手前シグマ28-80mm、そしてα100についているのがソニー18-70mm(ほぼ新品)。



          レンジが思い切りかぶっているわけで、タムロンVSシグマみたいな構図だけど微妙にマクロ有り無し、程度の良し悪しがあり悩んでいる。これにあともう3つほど加わるので、最終的には2,3本に絞りたいと思っている。

          いずれも難ありのため格安にて買い求めたものだが、最安740円、最高でも1万800円、レンズだけ全部あわせても2万円しない。趣味としては自作パソコンより安上がりで楽しめるかも知れない...ってなんか間違ってるような気もするが。




          のびろっ(笑)

          category:ハードウェア | by:jack023comments(0)trackbacks(0)

          デジイチに悩んでみた

          2008.04.24 Thursday 00:37
          0
            デジイチを買って以来、悩ましい日々が続いている。


            なんたってそりゃやっぱレンズでしょ。

            とりあえずつけてもらったタムロンのズームは28-80mm、APS-Cサイズでは42-120mm程度の画角に相当する。もうちょっと広角寄りが欲しいし、マクロがついてないから仕事で使うには小物の撮影ができないのでつらい、と思っていた。

            速攻で買いにいったシグマのズームも同じレンジなのだが、マクロがついている分まだ使いでがあった。しかし野外で風景とか花とか撮ろうと思うと今度は望遠側が足りない。

            そこでシグマの70-300mmをオクでゲットしたわけだが、こいつはカメラショップで見てもらったところ結局壊れていることが判明。αシリーズのフィルムカメラにつけても異音がする。つけてしまえばAF動作するので幾分マシではあるが...


            そして気がつくとオクの入札中一覧にはいくつものレンズが並んでいたのだった(笑)

            まずはソニーの純正ズーム18-70mmをゲット。新品同様で1万ちょい。新品は2万ちょっとするのでまあ満足。続いてタムロン70-300mmをゲット。こちらは人気がないのかタマ数が多いのか、千円ちょっと。

            気がつけば安物のクズレンズ(と言われそうだ)がいっぱい...これにあと28mmと50mmが加われば、と狙っているのだが大丈夫か?>自分




            さて、このあいだ上海問屋で4GBのmicroSDHCメモリを買い込んだのだが、そのままではα100には使えない。何しろ今までCFカードなんて持ってはいたけどアダプタはUSB1.1だし、最近はほとんどmicroSDカードばっかりなので何とかしてこれを使いたかった。



            カメラにはMemory Stick DuoをCFに変換するアダプタがついているのだが、たまたまmicroSDをMS Duoに変換するアダプタを持っていたので最初はこれを使おうと思った。が、このセットではSDHCは使えない。

            そこでSDをCFに変換するアダプタを購入。上海問屋で2,999円。こいつはSDHCが使えるとのことだったので、microSDアダプタをセットして使っていたのだが、夜に月を撮っていたら突然「このカードは使えません」ときた。

            あれ?と思ってゴチャゴチャやったら撮れるようになったけど、以前に撮ったものがない!

            あわててパソコンで確認すると、容量は300MBほど減っているんだけれどファイルがない。テーブルが飛んだ様子...あせってファイル復旧ソフトをいくつか試すが全く見つけられない様子。

            いろいろ探してみたところ、1つだけ見つけられたのがあったので購入することにした。この手のソフトはお試し版だと見つけるところまでで復旧してくれないのだ...

            そのソフトはOctane Softの「eIMAGE Recovery」$27。おかげで90枚程度の写真データをサルベージできた。すべて練習用に撮った風景とかなので捨てても痛くはないのだが、展示会中に撮った記録写真とかもあったのでできれば消したくはなかった。

            以前にもあったので今後もないとは言い切れないし、常備しておくといいソフトかも知れない。とにかく慌てないことだ。
            category:ハードウェア | by:jack023comments(0)trackbacks(0)

            正月早々やってみた

            2008.01.10 Thursday 20:39
            0
              やってみた、というかやらかしてみたって感じだが...


              そろそろ旅行記書かなくっちゃな、と変な義務感に囚われつつもなかなか忙しくてそれどころではなかった。そんな中、昨日は新年の挨拶ということでお得意さんのところへ行ってきた。

              昼には帰ってきたのだが、朝やっていた仕事の続きをやろうとメインマシンを起動したところ途中で止まってしまった。

              BIOSのブート画面の最後に「ハードディスクのひとつが死にかけているから起動はやめとくね」みたいなことが書かれていた...飛んだか?と思ったけれどどうしようもないのでBIOS設定を変更しS.M.A.R.Tを無効にして再起動。


              Vistaは無事に起動したものの、今度はWindowsのメッセージでハードディスクのひとつにトラブルが起きたのでバックアップを作成するか云々...あちゃー、ダメだなこりゃ。

              現在のハード環境、つまりCore2Duoマザーになる前、Pentium4の発熱でケース温度が上がり過ぎ、次々とハードディスクが飛んだことがあった。このときはCPUクーラーを水冷化してハードディスクにもヒートシンクとファンをつけて、と対応に苦慮した。

              Vistaが出たのを機会としてCPUもマザーボードも一新したのだが、あまりの発熱の少なさにそんな苦労はすっかり忘れてしまっていた。


              ところが最近、ふと気がつくとハードディスクを冷やしているはずのファンが止まっていることがあった。コネクタの接触不良みたいだったが、そのせいか?S.M.A.R.TのステータスがBADとなりBIOSがそれを検知して起動を中止したという次第らしい。

              幸いエラーメッセージを無視して続行すれば、時間はかかるもののちゃんと起動するし、ファイルの一覧も見られるからファイルは生きているようだ。あれ?サイズがおかしい...数十GB余っているはずなのにドライブ空き容量ゼロって...


              まさかのためにとってあったハードディスクをつなぎ、定番ツール・Acronis Disk Directorでパーテーションのコピーを試みる。いかん、フリーズする。しからばAcronis True Imageでバックアップを作成して...あかん、ファイルが壊れているようで元に戻せない。

              うえー、昨日日本橋を通ったのに、またパーツを買いに行くのか?忙しいし、余分なお金もないので近所で済まそう、とパソコン工房堺店へ。

              悩んだ挙句SATA 80GBと中途半端なサイズのものを購入。ふと足元を見ると新古品のATXケースが2,000円。カウンターへ行くとDDRII800の1GBメモリが2枚セットで3,980円。えーい、まとめてお買い上げだ!


              死にかけのSATA 250GBを80GBにつなぎ換えCドライブに、予備の120GBを追加してDドライブに。80GBならVistaだけ入れて余ることはあっても足りなくなることはないだろう。データ用ドライブもこれだけあれば十分。Cが飛んでもあきらめがつく。

              元々250GBなんて買う気はなかったのに、たまたまGBあたりで比べると一番安かったので選んだもの。CとDに分けていたのだがドライブ丸ごと壊れてしまったらどうにもあきらめがつかない。



              なんとか丸一日かかって仕事ができるところまで復旧した。メモリ2GBは結局マザボが未対応なためフルスピードで動かせず、効果は今のところはっきりと現れてはいないが、仕事中は常時6〜10ぐらいのアプリを起動していたのでそのぐらいあった方がいいだろう。

              今回Vistaはアップグレード版なのだが、クリーンインストールで入れた。もちろんXPから入れ直すのが本筋なのだが、時間がもったいないので。

              公式にはVistaのアップグレード版は新規インストールはできないことになっているが、ちょっとググればあちらこちらに裏技が書いてある。もはやこれは裏技ではないなあ...最初にライセンスキー入力なしで試用版としてインストールし、次にライセンスキーありでインストールしなおすというやり方。

              Adobe CS2など本来Vistaに非対応だがインストールはできるソフトはまだいい。CD-ROMでついてきてもVistaにインストールできず、webサイトからアップデート版を落として来ないとダメ、なんてのがけっこうあって、これはどっから取ってきたんだっけ、なんて悩みながらインストール猿となっていた。



              2008年最初のやってみたはこんな具合になってしまったが、今後が思いやられるスタートである。まあ、同じ目に遭った人の何らかの助けになれば、と思いつつ。




              category:ハードウェア | by:jack023comments(0)trackbacks(0)

              HDDレコーダーその後

              2007.05.02 Wednesday 12:55
              0
                その後、自己解決はあきらめて販売店に相談してみた。

                てっきり1年保証ぐらいだったと思い込んでいたが、調べたところ5年保証に入っていた!よって出張修理代タダ...さっさと頼めばよかった。


                で、今朝三菱電機から電話があり11時ごろに来るとのこと。実際に来たのは12時過ぎてたのだが、感じのいい気さくなお兄ちゃんだったので許す。

                症状を話すと、販売店からは違う内容で聞いていたらしく、ちょっと戸惑っていた。それでも手際よく作業を進め、結局本体ファームウェアをバージョンアップしただけで不具合は解消した。


                なにげに聞き出した限りでは、発売時期的によってはファームの不具合があるらしい。OSとして独自の組み込み型のものを使っているが、この機種ではCDブートして書き換える必要があるとのこと。

                ちなみに最近の機種は地デジのデータに乗せて定期的にダウンロードできるようになっているのでこういう不具合は起きないそうだ。



                かくして30分ほどの作業で、無事「HDDを初期化できる」ようになった。(なんか変)

                category:ハードウェア | by:jack023comments(0)trackbacks(0)

                HDDレコーダーの不調

                2007.04.26 Thursday 23:00
                0
                  これはどっちかといえば別館ネタ。詳しくは後日...


                  三菱「楽レコ」DVR-HE700を使っていたが、どうにも消せない番組がでてきた。削除しようとしてもフリーズするので思い切ってHDDを初期化しようとしたが、これもフリーズ。

                  録画・再生できるのだが、どうにも不便だ。いろいろググってみたが三菱機は不調の報告ばっかりで、HDDを直したとか交換したとかは見つからない。

                  とりあえずフタを開けたところ、中には日立GSTのDeskstarがあった。何の変哲もないIDEドライブなので、そのままUSBアダプタをつけてパソコンにつなげてみた。

                  HDDとして認識はするがフォーマットが違うらしく、未フォーマットと表示される。Linuxだとどうかとも思ったが面倒なのでやめた。

                  逆に容量は違ったが同じ日立GSTのDeskstarがあったので本体につないでみた。こちらは「ハードディスクの不良」と表示されてダメだった。

                  最初から初期化済みのものをつながないとダメということらしい。諦めてサービスセンターへ電話することにした。



                  「楽レコ」は起動後すぐに録画できるので、まあ便利だったのだが250GBもあるわりには299件までしか録画できない。子供の深夜アニメとか、妻の手話番組とか30分モノがちまちま録ってあるとすぐに上限に達してしまう。

                  地デジも見たいし、購入2年目にして早くも2台目かなあ。

                  category:ハードウェア | by:jack023comments(0)trackbacks(0)

                  Calender
                        1
                  2345678
                  9101112131415
                  16171819202122
                  23242526272829
                  30      
                  << April 2017 >>
                  Selected entry
                  Category
                  Archives
                  Recent comment
                  • 大震災につぶやきまくってみた
                    白髭
                  • 仕事環境を変えてみた
                    白髭
                  • 最近の事情を嘆いてみた
                    白髭
                  • 最近の事情を嘆いてみた
                    月城月
                  • タイフードにハマってみた
                    jack
                  • タイフードにハマってみた
                    白髭
                  • 車の故障に憤慨してみた
                    jack
                  • 車の故障に憤慨してみた
                    白髭
                  • 誰もやらないことに挑戦してみた
                    jack
                  • 誰もやらないことに挑戦してみた
                    roco
                  Recent trackback
                  Link
                  Profile
                  Search
                  Others
                  Mobile
                  qrcode
                  Powered
                  無料ブログ作成サービス JUGEM