金属加工にこってみた

2009.04.22 Wednesday 21:20
0
    旋盤にはだいぶ慣れてきた。レンズのマウントも5つ目ぐらいになり、手際もよくなってきた。でも寸法を間違えたりするのはやはり旋盤の目盛りがショボイからにほかならない。自分のせいじゃない...かも。

    ...ということで、ここしばらく旋盤とフライス盤を駆使して、かなり普通じゃないものを作っている。当然のことながら周辺の小物がいろいろ必要になったのであれこれ買うハメになった。

    ・バイト
    とくに最初に旋盤についてきたバイトセットは要らないものもあったり、使えないものもあったりした。よく使うものは角が欠けてしまったり、やりたいことができないので追加で買わざるを得ない。

    モノタロウのカタログを見て注文したネジ切りバイトは思ったより大きいサイズで使えなかった。オクでゲットした突っ切りバイトホルダは付属のバイトが入らなかった。うーん...

    ・グラインダー
    ちまちまハンドラッパで磨いてみたが欠けたところはどうしようもなかったり。どのみち要るからとリョービのTG-61を購入。まだ届いていないがちゃんと砥げるんだろうか。うーん。

    ・デジタルリニアスケール
    旋盤の目盛りがアテにならないのでリニアスケールを物色していたら、1本3,000円ぐらいで売ってた。100mmなのに150mmとか437mmとか変な数字がでるお茶目なやつ。どうやってつけようか...うーん。



    とまあ今日はこれぐらいで勘弁してやろうと思う。お疲れ。

    快調に削りだしてみた

    2009.04.01 Wednesday 21:12
    0
      ついに自宅6畳間にミニ旋盤導入。佐川のお兄ちゃんはひょいっと降ろしてたけど、かなり重い。

      早速、というか慌てず落ち着いてじっくりとマニュアルを読み、ネットで使い方を説明しているものを探して学習。旋盤なんて仕事先でいくらでも目に入るが、実際使ったことがないので...

      試しに以前フライスを使って中心穴を切り出したときの残材を削ってみた。いわゆるジュラルミンだがフライスでは鋭い切子があちこち刺さりまくって大変になる。旋盤ではシュルルル〜と螺旋状のヒモというか糸というか細長い切子になるので素手でも大丈夫。つか旋盤は素手で、ぐらい知っているつもり。


      これだ〜!この切削面。つやつやしてて同心円状に美しく輝いて...続いて試作に入る。ジュラルミンの丸棒φ70のものをセットし、外周を削り内周を削り、マウント金具の大まかな形まで削りだしてみた。



      今のところ寸法的にもバッチリだし、仕上げ面も初めてにしてはきれいだし、残念ながら突っ切り用の板バイトがないので完成までには至らないがなかなか期待できそうだ...

      突っ切りバイトはネットで注文したらたまたま近所なので持ってきてくれるとのこと。届くまで詳細な寸法を再検討しようと思う。


      ちなみにこちらはCONTAX S-Planar 60/2.8 T*の白マウントと同寸法にフライス盤だけで削ったもの。αにちゃんと取り付けられる。材料の食いつきがいいせいか、Z方向の精度が甘くて完全な平面にならない。これが旋盤であればきれいな平面になると。




      乞うご期待!!

      禁断の電動工具を買ってみた

      2009.03.30 Monday 01:14
      0
        うーん、ついにポチってしまった、ミニ旋盤。これだけはやるまいと心に決めていたのに、どうしてもこれがないと無理というところまで来てしまったので...置き場所ないっちゅうに。どうすんだ?>自分

        普通、趣味で金属加工をするイメージというと、カナヅチでトンカン叩いたりヤスリで削ったりとかその辺だろうと思う。実際昔はそれだけでちょっとした部品を作ったことがある。ただし使える材料はアルミぐらいなので、耐久性が低いのだ。加工がしやすいものは概して壊れやすい。

        それがパソコンのケースを作るということで、板金加工が必要になった。板金をキレイに折り曲げるのは実に難しい。また電源ファンの形に合わせて長丸穴を開けるなんてのも並大抵の作業ではない。そこで「折り曲げ機」と「ハンドニブラ」を買った。使うのはそれなりに大変で、ハンドニブラは手の皮がむけた。

        それ以前から穴あけや磨き用にリューターを持っていたが、ある時垂直にエッジを削りだしたいなんてあったときにフライス盤を買った。ホビー用の超小型タイプだったのでパワーは弱いし精度も良くなかったけれど、プロ用の4枚歯ビットを手に入れてからは平面加工や溝加工に活躍した。

        特にスクロールチャック付のインデックステーブルを手で回しながらの4軸加工はある意味感動的でさえあった。ところがこのスクロールチャックが涙が出るほどしょぼい作りで、締め付ける径によってセンターがずれるという代物。内爪でチャックして外径を削り、次に外爪でチャックして内径を削ると0.何mmかズレる。しまいには爪を削ったりしてみたがダメ。ここに限度を感じた。

        そして今回、いよいよ旋盤を購入。まだ手元に届いていないのでなんともいえないのだが、いろいろいい仕事をしてくれそうな予感。

        続きはまた後ほど...

        Calender
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << August 2017 >>
        Selected entry
        Category
        Archives
        Recent comment
        • 大震災につぶやきまくってみた
          白髭
        • 仕事環境を変えてみた
          白髭
        • 最近の事情を嘆いてみた
          白髭
        • 最近の事情を嘆いてみた
          月城月
        • タイフードにハマってみた
          jack
        • タイフードにハマってみた
          白髭
        • 車の故障に憤慨してみた
          jack
        • 車の故障に憤慨してみた
          白髭
        • 誰もやらないことに挑戦してみた
          jack
        • 誰もやらないことに挑戦してみた
          roco
        Recent trackback
        Link
        Profile
        Search
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM