腱鞘炎になってみた

2008.06.02 Monday 21:04
0
    いえ、なりたくてなったわけではないんすよ、とんでもございません!


    何週間か前から左手首が痛かった。以前に(といっても結婚前なので20年ほど前)グラススキーで転倒して右手首を骨折したことがあるのだが、右が痛いならともかく左が痛い。

    手首を回すとカックン、という。反らす側に曲げると中指の先まで激痛が走る。どうしようかと思っていたら今度は右手首がおかしくなってきた。

    親指の付け根、手首近くのところがポッコリ腫れ上がり、中に何か入っている様子。硬いのだが押せばへこむし、軟骨みたいな感じ。


    気持ち悪くなってついに整形外科へ。左手はなんのことはないただの腱鞘炎ということでシップでもしろ、と。右手は...「うーんMRIを撮ってみますか」ってそんなに重症?

    MRI当日。台の上に寝そべって手首から下をがんじがらめに固定。軽く1時間そのまま動けず。プチ拷問気分...

    そして今日、結果を聞きに行ったのだが、いわゆる『ガングリオン』だとのこと。筋肉の付け根=腱を保護するためにサヤ(鞘)に入っている部分から得体の知れないゼリー状の物質が出てきた状態だとか。とりあえずほっといても大丈夫らしいのだが、仕事に差し支える部分なので取ってもらうことになった。

    ちょうどここはマウスを持つとテーブルの面に当たるところで、マウスダコみたいなもんかと思っていたのだが...「痛いですよ〜」と言われて注射器を差し込まれ、中のジェルを吸いだしてもらった。

    「痛かったでしょう〜」(分かってるなら言うな)と見せてくれたのだが、結構な量の透明な液体が注射器に入っていた。「こんな感じのもんなんですよ〜」と注射器からニュルニュルと出してくれたのだが、ボンド・ウルトラ多用途SUとかみたいな感じのまさにジェルだった。

    もしかしたらまた腫れてくるかもしれないとのことでとりあえず様子見だが、こっちはほとんど痛くない。むしろ左手の腱鞘炎の方が手首をひねるとかすると痛いので、ギター弾いたりするにはつらい。

    学生時代ピアノを習っていた頃には副専攻だったので、ピアノ専攻の子が腱鞘炎になるほど練習したことはなかった。そういえば最近年甲斐もなくギターに燃えて高度なコード(シャレ?)を押さえようとして指がつりそうになってたっけ。

    アレか??

    category:雑記帳 | by:jack023comments(0)trackbacks(0)
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • 最近の事情を嘆いてみた
      通過人
    • 大震災につぶやきまくってみた
      白髭
    • 仕事環境を変えてみた
      白髭
    • 最近の事情を嘆いてみた
      白髭
    • 最近の事情を嘆いてみた
      月城月
    • タイフードにハマってみた
      jack
    • タイフードにハマってみた
      白髭
    • 車の故障に憤慨してみた
      jack
    • 車の故障に憤慨してみた
      白髭
    • 誰もやらないことに挑戦してみた
      jack
    Recent trackback
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM